事故車や不動車でも、そのままの状態で買取の一括査定がネットで無料で利用が出来ます。

下取りと売却の違い

今まで乗っていた車をディーラーに下取りに出す場合には、手続きは特に難しい点はありません。ディーラーの方で進めてくれるので、手軽に古い車を引き取ってもらえます。

しかし、買取店に車を売る場合には、売買契約をする必要があります。書類の用意や記入なども必要となり、若干ながら手間がかかるのは事実です。ただ、そこまで面倒なものでもなく、言われた通りの書類の用意と記入をするだけなので、初めての方でも問題なく進められます。

かかる手間には違いはありますが、下取りよりも買取の方が数万円や10万円単位で高く売れるのであれば、その程度の手間なら十分にお釣りが来ると言えるでしょう。

まずは手軽に査定を行う

下取りではなく車をお店に売るとなると、査定をしてもらって交渉をして、更に各社の見積もりで比較をして、その中から最も高い買取店を探すと考えている方も多いです。たしかに以前はそのような面倒な手間をかけて車を売る流れとなっていましたが、今ではわざわざ直接お店に査定を依頼しに行く方はほとんどいません。

最近ではネットでの買取査定が基本となりつつあり、10社前後の査定を同時に行える無料のサービスがあるので、査定額の比較は手軽に簡単に出来るようになっています。届いた査定額から最高額の買取店を探せば良いので、時間が無い方でも安心です。

高い値段で売りたい、手間はかけたくないと考える方にとっては、無料の一括査定サービスは大変便利で助かるものなのです。

トップへ戻る