事故車や不動車でも、そのままの状態で買取の一括査定がネットで無料で利用が出来ます。

車を売るか下取りに出すか

車を売る場合、下取りではなく買取に出す場合には、まずは査定をしてもらわなければなりません。いくらで売れるのかを確認した後に売るかどうかを決め、車の買い換えで下取りよりも高く売れるなら買取店へ、下取りの方が高いならディーラーに持って行けば良いでしょう。

下取りはディーラーで見てもらって査定額を出してもらいますが、買取の場合にはネットでの一括査定が利用出来ます。もちろん街中にある買取店に直接行き、その場で査定をしてもらうことも出来ます。その場合には行く手間があるだけでなく、査定額も大したものが出ないことが多いです。

売るならネットで一括査定

高い査定額を期待したいのであれば、ネットでの一括査定が便利です。一括査定であれば複数の業者が買取額の競争をするため、より高い査定額が出やすい傾向にあります。また、利用者側は各社の査定額を比較し、最も高い値段を付けてくれるところに売れば良いので、効率的に車を売ることが出来るのです。

買取店に直接出向き、査定をしてもらうとした場合には、「他のお店で査定をしてもらう」と一言を付けるだけで査定額が上がる場合もあります。それほどに直接の査定はまずは低い金額を提示してくるので、交渉をしないと高い査定額、高い買取額は出ません。

交渉の手間も時間もかけない

ネットでの一括査定であれば、業者は一括査定サービス経由での査定と分かるため、はじめからなるべく高い査定額を提示してきます。利用者側が交渉をするまでも無く高値が出やすいため、直接の査定よりも手間も時間もかけず、交渉した後と同等の査定額が引き出せるのです。

ネットでの一括買取査定サービスは、無料で利用が出来るものがほとんどです。査定をした後に納得の金額が出なければ売らずに下取りに出す、またはそのままにしていても問題はないので、まずは一括査定サービスを利用して大体の相場を見ておくと良いでしょう。

トップへ戻る